【オーケストラ】鹿児島ニューラインフィルハーモニーオーケストラ第2回定期演奏会、無事終了致しました。

141102_KNP_flyer
2014/11/10
 鹿児島ニューラインフィルハーモニーオーケストラ第2回定期演奏会、無事終了致しました。

 ご来場頂いた皆さま、ありがとうございました。

 鹿児島ニューラインフィルハーモニーオーケストラ
 去年立ち上がったばかりの若いメンバーが中心のオーケストラです。
 演奏は「勢い」で押し切った部分もあったかと思いますが、無事演奏出来ました。
 来年も定期演奏会が予定されているようです。
 足をお運び頂ければ、演奏と併せて、若いオケの成長の様子も聴いて頂けるのではないかと思います。


 個人的に反省すると・・、

 今回の演奏会、
 ファゴットの後輩二人とオケで一緒に吹きたい。
 ベートーヴェンの偶数番と未完成が吹きたい。
 という思いから、お手伝いさせて頂いた演奏会でした。
 (ベートーヴェンの8番、未完成とも2ndでの出演)

 いざ、練習に参加すると、
 ベートーヴェンは、入り組んだ複雑な展開に、
 未完成は、ppでのハーモニーやアンサンブル(縦の線とか)に、
 苦戦させられましたが、若いメンバーの元気さに後押しされながら、練習してきました。

 また、2曲とも2ndということもあり、「アンサンブルの土台」を意識して演奏に臨みました。
 夏にプロの先生から、
 ・ファゴットの2ndは1stの下を吹く。ということだけではなく、アンサンブルの土台にならないといけない。
 ・2ndがしっかり吹いて、その響きの中で1stが吹けるようにしてあげた方が良い。
 といったお話しを聞いていたことが、とても良かったです。

 本番では、苦戦しながらも、積極的に演奏することが出来ました。


 先にも書きましたが、
 メンバーもオーケストラとしても若いオケですが、鹿児島のクラシック愛好家の皆さまにも応援して頂ければ幸いです。
 鹿児島ニューラインフィルハーモニーオーケストラ

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL