【演奏した・オーケストラ】『あまみエフエムプレゼンツ 市民第九祭』無事、終了致しました。

奄美第九2014/12/30
『あまみエフエムプレゼンツ 市民第九祭』無事、終了致しました。

昨年日本復帰60周年を記念して開催された演奏会に引き続き、地元の方々の熱意で「市民第九祭」として開催の運びになったそうです。
ご縁があり、出演させて頂くことになりました。

関連リンク
あまみエフエム ディ!ウェイヴ
奄美で第九!

演奏会に参加して感じたのは、奄美の方々の熱意とエネルギー。
「自分たちの」「我が島の」演奏会として、演奏したい。成功させたい。楽しみたい。という気持ちをヒシヒシと感じました。

特に合唱は若々しく、エネルギッシュでした!
(これは、気持ちだけじゃなくて、奄美の生活や食べ物も影響しているのでは?とちょっぴり思いました)

それに、バリトンの原口先生。
プロフィールを読んでびっくり。脳梗塞から復活されたなんて微塵も感じさせない太く豊かな歌声。
真ん前の特等席でたっぷり堪能させて頂きました。

会場の奄美文化センターは、立ち見も出るほどの大入り。
ホールいっぱいに「歓喜の歌」が響きわたりました。


自分の演奏を振り返ると・・・
・Fgのオブリガートの箇所(私は2nd)、もっとスムーズに演奏出来れば。
・後半Poco Allegro~の後の入り、悔しい!
その他諸々ありましたが、熱意とエネルギーに後押しされ、アグレッシブに演奏させて頂きました。


また、指揮の阪本先生、素晴らしい指揮とご指導をありがとうございました。
来年KTS室内オケの指揮もされるとのこと。楽しみにしています!


最後に、色々と連絡・段取りをして頂いた奄美オケの皆さま、ありがとうございました。
そして、先にも書きましたが、エネルギーをくださった奄美の方々、ありがとうございました。
演奏後、とんぼ返りだったので、打上げに参加出来なかったのが残念でした。
黒糖焼酎を飲みながらお話ししたかったです。
本当に、ありがっさまりょうた!!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL