【学び】NVC(非暴力コミュニケーション)を勉強中です。1.NVCとは、4つの要素について

NVC
2016/3/27
NVC(非暴力コミュニケーション)を勉強中です。

大好きな彼女や彼氏に
「ほんと、冷たいよね!」
とか、
会社の後輩に
「仕事なめてる?」
とか言ったことがありませんか?

そして、言ったあとは、
「本当は、こんなこと言いたかったわけじゃないのに・・・」
と後悔してしまいませんか。

私は、あります。

そんな気もちやことばが生まれたとき、どうすればいいのか。
NVC(非暴力コミュニケーション)に何かヒントがあるんじゃないか。
NVCによって、コミュニケーションや人間関係をよりよいのにしたい。
と思い、勉強しています。

勉強や実践の内容を残したいと思い、ブログに書いていこうと思います。



NVCについては、NVC Japanのサイトで以下のように紹介されています。

NVC(Nonviolent Communication=非暴力コミュニケーション)とは、コミュニケーションにおいて
相手とのつながりを持ち続けながら、お互いのニーズが満たされるまで話し合いを続けていくという、
共感を持って臨むコミュニケーションの方法です。


書籍「NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 」には、

・心の底から与えるよう導くコミュニケーション
・人を思いやるコミュニケーション


とあります。

そういったコミュニケーションをとるには、どうすればいいの?
となりますよね。

NVCは4つの要素で構成されており、そのプロセスを踏まえることで、
そういうコミュニケーションをとる、人間関係を築くことができます。


NVC4つの要素・プロセス
1.観察(observation)
 自分の人生の質を左右する具体的な行動の「観察」
2.感情(feeling)
 観察していることに抱いている「感情」
3.必要としていること(needs)
 そうした感情を生み出している、価値、願望、「必要としていること」
4.要求(request)
 人生を豊かにするための具体的な行動の「要求」

この4つのプロセスを意識し、実践することがNVCの本質だと
考えます。


具体的には、こんな感じでしょうか・・・。
(1月に行われたセミナーの内容をベースに、自分なりにアレンジしたものです)

例えば、
大好きな彼女がいて、1週間連絡をくれなかった。
1週間ぶりに彼女にあったとき、
「この1週間、全く連絡くれなかったね。ほんと、冷たいよね!」

・・・そんなこと、言いたいわけじゃないですよね。
そして、こんなことを言われた彼女はどう思い、どう答えるでしょうか。



NVCの4つの要素・プロセスを考慮すると、
こんな風に言った方がいいのかな?と思います。

この1週間、全く連絡くれなかったね。(観察)
とても寂しかったし、もう、嫌われたかと不安に思ったよ。(感情)
僕のことをどう思っているか、知りたいんだ。(必要としていること)
よかったら、いまの気もちを教えてほしいな。(要求)

もし、彼女があなたのことを好きだったら、
「寂しい思いをさせてごめんね。いま仕事が忙しくて連絡取れなかったの。
嫌いになってないよ。だからそんなこと聞かないで。恥ずかしいから」
とか言ってくれるんじゃないでしょうか。

少なくとも、「冷たいよね!」と言うより、
ずっとずっといいと思いませんか?



ううっ、こっ恥ずかしい例えを書いてしまいました。
少しでも、NVCに興味を持ってもらえれば幸いです。

この次は、NVCの4つの要素について、掘り下げたいと思います。



セミナーや書籍「NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法」で学んだことをベースに、
私なりに咀嚼して書いています。
興味を持たれた方、どうぞ、ご一読ください。

この投稿へのコメント

  1. naru said on 2016/03/27 at 15:46

    NVC勉強したいのですが、なかなか出来ずにいます。。。
    何回か勉強会には参加したのですが、実践できず、後悔することも多々。

    日本人だからと言うわけではないでしょうが、
    話さずとも、汲んでくれるとか、思ってしまったり、
    言わぬが、と相手を思いやっていることが、相手には不親切だったり。

    私の場合は、感情の方が先に表れてしまい、それが言葉に出て。。。
    反省することになってしまいます。

    私には、観察と感情と向き合うことをして、発言しないといけないようですね・・・。
    また、落ち込んできた・・・。

コメントを残す

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL