【家族】息子が苦戦している!じゃあ、お父さんとやってみよう!

みなさんは
自分の子どもが、目の前のハードルに苦戦していた、
ことはありませんか?


私の長男も、
けんばんハーモニカの試験
に苦戦していました。

きけば、
音楽の授業でけんばんハーモニカの試験がある。
曲は「こいぬのマーチ」
ノーミスだと、合格でA。1回間違うと、B。2回間違うと、不合格。
だいたいの子は合格し、残っているのは長男を含めほんの少し。
とのこと。

ううむ、
これは、なんとか合格させたい。

合格することで、
出来なかったことが出来るように成る体験を得させたい。
併せて、「音楽って楽しい」と思ってくれないかな・・。
それにはどう教えたら・・。
と考えました。


そこで、
私自身も長男と一緒に楽しく弾けばいいのでは?
と考え、
横長のピアノ椅子に長男と腰掛け、一緒に歌いながら、紐解きながら弾いてみました。
(ピアニカは学校にあったので、自宅のピアノで練習です)

ひとことでいうと、「お父さんとやってみよう!」です。
ポイントは、一緒にチャレンジすること、
そして、それを楽しむことです。

長男は、
途中で飽きて、やめようとすることもありましたが、
「やっぱりやる」
とコツコツ練習を続け、少しずつ少しずつ弾けるようになり、
なんとか1曲通して弾けるようになりました。


翌日行われた、試験、結果は・・。

「合格」

でした!
聞いた瞬間は、ホッとした。感情が先に来ましたが、
その後、本当に良かったなぁ。としみじみ思いました。
長男も嬉しかったようです。
音楽への興味は・・ほんの少しUPしたかな?


今回の出来事は、
私にとっても、得るものが大きかったです。
出来ないことを教えること、教え方、
そして、出来るようになった!ということ。

これは、
仕事やプライベートでの他人とのコミュニケーション、
後輩の指導や組織での課題に対する取り組み
にもいかせるかもしれません。


ぜひあなたも、
子どもと一緒に、楽しく、チャレンジ
してみませんか。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL