【アート】Another 4or Cain 人間のグロテスクな本性を覗いてみませんか。

2012/7/14
Another 4or Cain
@レトロフト

に行ってきました。


ある殺人事件とそれに関係した人物・・
チラシに書かれていた導入のテキストを読んだ時点から、
怪しげな、「あぁ、ちょっとヤバいな・・」という世界に
足を踏み入れてしまいました。

性器や凶器を持った、とうてい人間には見えない、
グロテスクなキャラクターのイラストは、
逆に人間の本性を表しているようです。

そして、それを見ているうちに、
怖いもの見たさで見入っていること、
自分もグロテスクな本性や欲望を持っていることを
うっすらと感じてしまいました。


この展覧会に嫌悪感を覚える方も少なくないと思います。
殺人、売春、レイプ、いじめ・・
日常では口にすることもはばかられるような、
頭がおかしいんじゃないか。と思われるようなことを
考えたり、興味を持ったり、ときには、
実行してしまう・・のも人間です。


そして、そういうことを表現出来るアートと
アーティストの力を改めて感じました。

会期は7/16まで。
人間のグロテスクな本性を覗いてみませんか。
(あなた自身の奥深くにも潜んでいるかもしれません)



この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL